心理検査は時間がかかる


AM5:00目が覚めた。

鼻が詰まって起きてしまう。

何故だろう、この頃寝つきが悪い。

寒いせいや、鼻づまり、乾燥でのどが渇く。

などにより起きてしまう。

中々不快である。

 

 

 

目が覚めてからしばらく横になった後、YouTubeを見ていた。

時間はすぐに過ぎていく。

気づいた時には8時だった。

今日は病院に行く日だ。

9時にはつかないと悪い。

急いで用意をして、自転車にまたがった。

 

 

 

今日は天気がすごくいい。

とても気分が良かった。

病院につくとすぐに順番が来た。

今日は心理士さんと心理検査をする。

以前↓のページで話したが、心理検査をするための宿題をしてきた。

 

心理検査で自分を知りたい

 

これを提出した後、絵を見て何に見えるかの検査があった。

この検査は1時間ぐらいあり少し疲れた。

心理検査とはこんなに長くするものと思わなかった。

以前の宿題も一時間ほどかかった。

中々疲れてしまう。

続けて、自分の状態や性格について、はい か いいえ で答える検査もした。

これは10分くらいで終わった。

今日は検査をするだけで結果などは出なかった。

最後に心理士さんに質問をした。

今日やった検査は何になるんですかと。

だが、今は教えれないらしい。

まだ他にもしないといけない心理検査があるため、全てが終わった後ならお答えできるらしい。

今それを言うと今後の検査に影響が出るのであろう。

しょうがない。

全てが終わった後、なぜなのかも含めてブログにまとめようと思う。

そう、適応障害とは何か。

自分が体験したことをまとめることにする。

 

 

 

今日も平和に過ごせました。

明日も変わらない毎日が来ますように。




良ければ下のボタンを押してくれると励みになります。

では、誰もが平和に過ごせますように。



人気ブログランキング



にほんブログ村
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!