生きることの素晴らしさ。僕は今まで多くを望みすぎていた。


依然体調は悪い。

この頃は動悸まで始まった。

主な症状は、急に心臓がバクバク脈打ち血の気が引く。

そして、立ってられなくなり気持ち悪くなる。

しばらくベットに横になれば治るが凄く怖く苦しい。

急にくるものだから不安だ。

だけど絶望はありません。

以前までは体調を崩すと絶望していた。

未だに治らない体調への苛立ちや、この先も治らないんじゃないかという不安。

そんな思いで絶望していた。

しかし今は少し違う。

確かに不安が完全に無くなったわけではないが、少し和らいだ。

何故なら、生きている奇跡、素晴らしさを知ったからだ。

いくら体調を壊しても、この先治る見込みが立たなくても僕は生きてる。

それだけで十分だ。

そう思えるようになった。

この先本当に治らなくてもそれでもいい。

生きている事に意味がある。

確かに健康になって元通りの生活にはなりたい。

だけどそれはエゴだ。

生きている事以上のとこはエゴだ。

僕は生きている事に意味を見いだした。

だから、どうであれ生きていればそれだけで美しいし無限の可能性がある。

だから、絶望はなく希望を持っている。

生きてればどうにかなる。

生命は神秘だ。

この体で今生きていることは奇跡だ。

僕はその奇跡を抱きしめる。

誇りに思う。

だから今日も生きる。

それし全てのものや人に感謝。

ありがとう。



この思いをずっと忘れないようにしたい。

人は忘れる生き物だ。

だから、いつでも思い出していきたい。

今日もありがとう。




良ければ下のボタンを押してくれると励みになります。

では、誰もが平和に過ごせますように。



人気ブログランキング



にほんブログ村