生きるとは死ぬこと。この世に生まれ落ちた瞬間に死ぬことは確定する。


生きるってなんだろう。

死ぬってなんだろう。

僕は生きている。

確かに生きている。

しかし、いつかは死ぬ。

これは確実だ。

いつどこでどうして死ぬのか分かってないだけで、いつかどこかどうかして死ぬ。

そう、この世に生まれ落ちた時点で僕は死に向かっているのだ。

じゃあなんのために生まれたのか。

それが分からない。

それについてはよく考える。

この世に生まれ落ちた意味。

そんなのあるのか。

もし、人を助けようとどれだけの功績を残そうと僕は死ぬ。

そして、助けた相手も死ぬ。

これって意味あるのだろうか。

ゴールは死。

じゃあ、すぐに死んだほうがゴールに着くのではないか。

だが、そうも行かないらしい。

僕は死に恐怖がある。

その、何とも言えない恐怖。

例えば痛みであり、その後どうなるかなどだ。

そんな恐怖に打ち勝てないため僕はゴールへ向かえない。

仮に、痛みやその後どうなるか分かっていたのならば僕はすぐ嫌なことがあると死んでるのかも知れない。

そして、それは僕だけでなくこの世界の人々の多くはそうするのかも知れない。

だが、恐怖がある。

やはり大抵の人は中々死ねない。

じゃあ、神は何故死に恐怖を与えたのか。

なぜ、ゴールにすぐに行ってはダメなのか。

ダメって表現は正しくないな。

なぜ、ゴールに行くには試練がいるのか。

僕らを生かす何かがあるらしい。

この世界、宇宙、それは自分が死んだだけでは終わらず何処かで生き続ける。

その為にはすぐに人々が死んでは悪いのではないか。

なんの陰謀だ。

もしかしたら、僕たちは誰かに飼われてるのか。

人間がハムスターをケージで飼うように。

僕たちも宇宙のそのまた宇宙のその先で何処かの何かに飼われてる。

その飼い主も誰かに飼われてて全てがループしている。

そうだったら僕らは生きるのは飼い主の娯楽と言ったところか。

その娯楽を楽しぬために、僕たちには生があり死があり感情があるのか。

こんなことを考えると途方もない。

頭がおかしくなって寝れなくなりそうだ。

こんな大きな話をすると僕は小さな存在だなとも思う。

飼い主にとって僕の日々。

泣いたり笑ったり、失敗したり成功したりなんてどうでもいいんだろう。

僕じゃなくとんでも偉い人。

総理大臣とかでも死んだところで感情は大して無いのではなかろうか。

だって、何億という人の中のひとつ。

気づきもしないだろう。

結局僕の人生はなんだろうな。

ちっぽけで、何のためかも分からずただ時が過ぎるのを待つ。

そしていずれ死ぬ。

それでいいのかな。

それでノルマは達成でしょうか。

そんなノルマもあるのでしょうか。

わかりません。

これから死ぬまでまだまだあります。

まだまだ辛いことがあると思うと生きたくないです。

飼い主よ楽に殺してくれ。

こんな声小さくて小さくて聞こえるわけもなかろうが。

そもそも、死んだ後も楽になる確証もありませんが。

明日を生きる勇気をください。

出来れば死ぬまで。

僕が生きる意味もください。

僕が死ぬ意味も。




良ければ下のボタンを押してくれると励みになります。

では、誰もが平和に過ごせますように。



人気ブログランキング



にほんブログ村