色んな君でいてほしい


寒い。

冬は嫌いです。

何度も言ってますね。

まだまだ寒くなると思うと心が折れます。

僕の布団は小さいです。

一人用の布団です。

それを彼女と共に使っています。

夜中は布団の取り合いになります。

基本的に僕が布団をとってしまいます。

申し訳ないです。

布団買いなおそうかな。

 

 

 

そう言えば昨日、彼女が髪を切ってきた。

肩まであった髪が、輪郭に沿うぐらいになってました。

彼女は急に何かをする癖があります。

髪もしかり。

最初会った時はロングでした。

それが、急にボブになり。

今ではショートです。

忙しい人です。

そのくせ、ロングにしたいと言っています。

もうすぐ、エクステをつけてロングにするとか。

何を思ってるんでしょうね。

そうゆう、せわしないところも嫌いではないです。

いつも驚かせられて新鮮です。

 

 

今は彼女が帰り部屋に一人です。

彼女が脱ぎ散らかした服と一緒にベットにいます。

この時間が何ともむなしい。

空虚な空間。

僕を孤独にさせます。

ですが、もうすぐ完全同棲するかもしれないです。

そうすれば、もっと騒がしい日々になるでしょう。

悪くないです。

毎日ご飯でも作ってあげたいです。

そんな生活いいですね。

 

 

休職はいつまで続くのだろうか。

もう仕事を辞めたら、すぐに引っ越して同棲かもしれないです。

どうせ、いる物なんてありませんし。

何着かの服。

ギター。

これさえあればいいでしょう。

そう考えると少し感傷深いです。

この家で、大学生活を過ごしていました。

実に四年。

お世話になりました。

泣いたり、笑ったり。

楽しかったですね。

一人暮らし最高でした。

引っ越して、何年も経ち忘れたようなときにも思い出したいですね。

 

 

 

今日も何もなく平和な一日でした。

感謝します。

明日もどうか何もありませんように。

何にも、変わってませんように。

 




良ければ下のボタンを押してくれると励みになります。

では、誰もが平和に過ごせますように。



人気ブログランキング



にほんブログ村