CATEGORY

作詩

  • 2020年4月21日

朝と夜

朝と夜の間を見つけたよ そう言ったら君は 次の朝日を探しに行こう って手を引っ張ってくれた 僕はどこにも行かないよ 僕はどこにも行けないよ 君についていくだけだから ずっと無くならないといいな ずっと君の寝顔を眺めてたいな 夜を繋げて君を待つ 星を眺めて願うんだ 大好きだよ 大好きだよ 昨日を探して […]

  • 2020年4月7日

別れ道

間違いか正解か分からない道 どちらに行こうか迷ってて止まった 止まっても変わらなくってそれもわかってた 進みたい、不安と恐怖 進めない、昨日見た夢 止まったって良いけど昼寝でもしたらまた歩こう 後ろでも前でもいいからさ 歩こう走ろうどちらでも 僕は君の後ろを着いてくよ 僕が支えてあげるから

  • 2020年3月21日
  • 2020年3月22日

もう最後

もう最後かもね 最後って言葉は好きじゃない なぜだか寂しくさせてしまう 過去にしがみつきたい気持ち 未来に進みたい気持ち 混ぜたら胃もたれしちゃうから 最後には胃薬が似合うかな 思い出も好きじゃない いやに光って眩しい 苦しいことも輝いている だけど現実は汚い ずっと思い出で生きていたい ずっと過去 […]

  • 2020年3月19日

希望のポッケ

希望の光忘れずにポッケにしまう 夜になっても光るように 暗くなっても立てるように 生きてることに 意味意味意味意味 なんてないないないない だけど立ってる 今も走ってる そうそう座っちゃ立てないし どうしようもない時に どうしようもないことが そんな時はポケットに手を入れて 希望の光を掴み取ろう す […]

  • 2020年3月4日

丸い世界

時に誰かに頼られて 時に誰かを頼ってる 地球は丸く出来ていて 何処かでみんな繋がっている 僕は1人じゃないさ 君だって1人じゃないさ 世界はこれほど広くて素晴らしい それに気づけなくなる時がある 誰でもあるさそんなこと 君の抱える悩みなんて宇宙から見てしまえば 大して意味なんて持たないさ 頭からにし […]

  • 2020年3月3日
  • 2020年3月3日

止まらず走る

時々止まりたくなる騒がしい毎日 けど止まったら走れない 地球は今日も回るのに 自分だけ置いてかれた気がした 周りはいつのまにか大人になった 色々許せないことが増えた 僕はまだ子供だったんだ 走って走って止まらないために走って 先は見えないだけど走るしか無いじゃ無いか 晴れた空を見上げて立っていた い […]

  • 2020年2月27日
  • 2020年3月2日

何をしたって日は昇る

深夜の冷たい雨が僕の頬を撫で落ちる 薄くて硬いベッドの上で薄くて硬いスマホをいじる はぁ明日は来るのかな はぁ明日は来るだろう 明日日が昇ることだって確かなことじゃないはずなのに みんな明日が来るとわかっていて 明日も当たり前な顔して僕を起こす どうしてそんな毎日で どうして不安じゃなく居れる どう […]

  • 2020年2月21日
  • 2020年3月2日

最高で最低な日々へ

最低な日々へ、ようこそ またまたここに来ちゃったか こんなところ来たくないよ 何もいいことなしさ こんな日々なくなっちまえよ 最高な日々へ、ようこそ やっとここに来られたよ ここでずっと過ごしたい 自分が楽で済むからさ 何も考えずに過ごさせて 最低な日々、最高な日々 どちらかなければ、どちらも生まれ […]

  • 2020年2月21日
  • 2020年3月2日

クソが

クソみたいな毎日 クソみたいな自分と クソみたいな生活 全部が全部気に食わなくて 全部が全部うまくいかない 1つずつ重ねた積み木を一瞬で崩したい 全部僕の人生で全部を無駄にしてみたい どうせ意味なんてない 重ねても崩しても どうせ意味なんてない 僕の存在そのものも意味なんてないクソが

  • 2020年1月29日
  • 2020年3月2日

救えないほどの毎日

救えないほどだらしない日々に しがみついてしがみついて 怠惰怠惰で時計が回る回る 明日はどこだと探しては 暗くて胸が痛んでく うまくいかないうまくいかない うまく行ってもそれも不安 消えない気持ちは星の様 誰か頂戴コンパスを 僕にしか無いコンパスを それを片手に歩くから 今は迷って困るから 今は心に […]